年度末

気づけばもう年度末ですね。そして、2019年も4分の1が終わろうとしています。年をとると、時間の感覚が早くなるといいますが、私がその感覚を得るにはまだ少し時が早すぎるようです。

外に目をやれば、桜の木々が小さな花をつけ、芽吹きの季節を喜んでいます。ちなみに私は春より秋の方が好きです。「秋はなんとなく物悲しい」とよく言いますが、私は春の方がより「物悲しい」と考えています。それは、別れと出会いの季節だからです。

別れ――今までいた人と離れ離れになること。

出会い――まだ見ぬ誰かと知り合うこと。

別れは言うまでもないですが、出会いというのも些か悲しさを覚えます。相性が良くないとか、孤立するなんてことを考えてしまうわけです。

別れと出会い。あなたはどんな春ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください