おしゃれと便利さの両天秤

私は昔からAndroidを使い続けてきた。しかしこの度Androidをサブ機にし、iPhoneをメイン機として生活している。そこで感じたことをまとめておこうと思う。あくまで主観なので、その点あしからず。

iPhoneはおしゃれと言うイメージを崩さない、やはりおしゃれな作りとなっている。そして分かりやすい。雑に言えば、初めてのスマホにピッタリ。そして、初めてでも危険が少なくなるようなセキュリティ面でのケアも忘れていない。

しかし、これは一方で「つまらない」と感じる。それは拡張性と言うのかもしれない。私はiPhoneを使ってるときに感じるその「つまらない」「味気ない」はAndroidを触ると解消する。

例えば、ホーム画面のカスタマイズ。iPhoneは(非合法な手段を除くと)デフォルトしか選べない(と記憶している)。一方、Androidは数多くのランチャーアプリがあり、ここからさらに自分の好みに変える。拡張性は無限と言っても良いだろう。

またApple Payはそのセキュリティの高さから安心して使うことができるが、決済時の手軽さを失っている。一方のAndroid Pay(おサイフケータイ)は何も考えずかざせばいい。

おしゃれは我慢なんていう言葉があるが、全くその通りなのかもしれない。iPhoneにカスタマイズ性と少しのセキュリティを犠牲にすれば、より完全に近づけるのかもしれない。あくまで主観だけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください